相談しながら決めよう

意見がまとまるように

建築のことに関して、特に知識を持っていない人が一生懸命考えても、良いアイデアは生まれないかもしれません。
またせっかく考えても、住宅の構造上不可能だと言われることがあります。
その場合は再度子供部屋のアイデアを考えなければいけないので、さらに手間も時間も掛かります。

詳しい人にアドバイスをもらいながら決めた方が良いので、リフォーム業者のスタッフを交えてください。
どのくらいの広さにすれば良いのか、またどこに押し入れや窓があれば良いのかなど、わからないことを全て聞きましょう。
子供部屋が完成してから、もっと収納を増やせば良かったと後悔しても手遅れです。
確実に満足できるように、スタッフと何回も話し合いを重ねましょう。

相性の良し悪しを見極める

スタッフと話し合った時に、こちらの意見を理解してくれるでしょうか。
何回説明しても理解してくれなかったり、間違った解釈をされたりする場合は相性が悪いと思って別のスタッフに相談しましょう。
そのまま相性が良くないスタッフと話し合っても、全く希望していない機能を子供部屋に搭載される可能性があります。

リフォームが終わってから、イメージと異なることに気づいたというトラブルが起こるので、スタッフをしっかり見極めましょう。
相性が良いスタッフなら、1回説明すればすぐ理解してくれます。
さらに子供が生活を送りやすくするためには、どのような機能があれば良いか教えてくれるので、クオリティーの高い子供部屋になるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る